プロポリスランキング解説

メインイメージ

No.1 プロポリス300

プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

薬院オーガニックのプロポリス

Oral care プロポデンタルEX

プロポデンタルEX

スモールグレードのプロポリス

プロポリスは品質によって6段階に分けられています。
その中でスモールグレードは上から4番目、下から3番目に位置します。

スモールグレードのプロポリスの特徴は、これより上のランクであるエクストラグリーンプロポリスやミナスグリーンプロポリスが薄くて鮮やかな緑色であるのに比べて、色が濃緑色から褐色であることです。

ブラジルの南東部やパラナ州でとれたものがほとんどです。
大きさは0.1立法センチメートルから0.3立法センチメートルです。
褐色の色をしているということから、このプロポリスの原料である植物はポプラやユーカリであるということが分かります。

高級プロポリスで緑色の物は、主原料がアレクリンであり、構成成分が異なっています。
プロポリスのランクは、どれだけアレクリンの純度が高いかで決まり、純度が高いほど品質が高く、値段も高いです。

また、固形の状態での大きさが大きいものほど価値が高まり、粉末のような小さなサイズの場合は安いです。
ダイヤモンドなどの宝石と同じような感じで価値が決まります。
スモールグレードプロポリスの場合は、安めのサプリメントや、日焼け止めや化粧品、消毒抗炎剤、点眼剤、鎮静剤、ワックス、ヘアスプレーなどに用いられることが多くなります。

サプリメントの場合はやはり、高純度のエクストラグリーンやミナスグリーンのプロポリスの方が効果がありますし、サプリメントとしての価値も高まります。
また、これらのランク付けはブラジル産のプロポリスにのみ適用される指標です。
また、よく混同されがちなプロポリスとはちみつの違いについても知っておきましょう。

プロポリスの主な生産地はブラジルであり、其れに比較すればかなり少ないのですが、アルゼンチンやイギリス、イタリア、ウルグアイ、オーストラリア、エジプト、ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、日本などでもとれます。

しかし、ブラジル産のプロポリスはブランドとしての価値が認められているので、これ以外のプロポリスが健康食品やサプリメントで利用されることはあまりないです。
プロポリスの体験談の記事も参考になるかと思います。