プロポリスランキング解説

メインイメージ

No.1 プロポリス300

プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

薬院オーガニックのプロポリス

Oral care プロポデンタルEX

プロポデンタルEX

世界にあるプロポリスを徹底比較

プロポリスは今大きな話題を集めています。
ミツバチが自分の巣を守るために色んな植物から集めてきた材料を用いて作り出されたものです。
よって、植物の材料によって色や成分が異なってきます。

具体的に説明してみましょう。
ヨーロッパ、そして中国などで生産されているプロポリスの場合は、ポプラがメインとなっています。
このプロポリスでは、主要な成分は主にフラボノイドです。
フラボノイドはポリフェノールのことです。
チョコレートやワインに入っていることで有名ですね。
色々な所で宣伝されていますし、その効果も実証されています。

一方で、ブラジル産のプロポリスがあります。
こちらはキクの仲間のバッカリスを元にして作られています。
ブラジルは世界でも最大規模のプロポリスの生産国です。
市場に出回っているプロポリスの大部分はブラジル産であり、こちらのプロポリスは、フラボノイド以外にも、アルテピリンCや桂皮酸誘導体が含まれています。

アルテピリンCとは、プロポリスの中にのみ含まれている成分です。
日本癌学会で報告されていて、細胞の異常な増殖を防いで、がんに対する予防や治療の効果が期待できると考えられています。

アルテピリンCは副作用がありませんので、安心して摂取できます。
そのため、がん治療に対して有効に使用できると期待されています。
実際にプロポリスを含んでいる健康食品を服用している方の中には、がんの予防するためや、再発防止のためにプロポリスを摂取している方が多いです。
こちらにプロポリスの副作用について等詳しく掲載されています。http://xn--zckzcsa6cn3687bnre254f.com/

実験によれば、人のがん細胞をマウスに移植して、プロポリスによる影響を見ると、がん細胞が抑制されたという効果が見られました。
これから先研究がどんどん進んでいくことによって、がんの克服に対して大きな道が開けるかもしれません。

ブラジル産のプロポリスには、中国産やヨーロッパ産のものに比べて、アルテピリンCの量が7500倍もあるよです。
このようにブラジル産のプロポリスは非常に高品質なことが分かります。

こちらに詳しくプロポリスとローヤルゼリーの違いについても掲載されていますので是非お読みになってください。