プロポリスランキング解説

メインイメージ

No.1 プロポリス300

プロポリス300

No.2 薬院オーガニックのプロポリス

薬院オーガニックのプロポリス

Oral care プロポデンタルEX

プロポデンタルEX

プロポリスはハチミツではない

プロポリスはミツバチが作り出すものであると知っている人は多いでしょう。
しかし、プロポリスがハチミツの一種であると勘違いしている人がいるかもしれません。
けれども、プロポリスとハチミツは全く別のものです。
ハチミツやローヤルゼリーはミツバチのエサとして用いられるものであるのに対して、プロポリスはミツバチの巣を守るために用いられるものです。

プロポリスには、フラボノイドやアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど様々な成分が、数千から数万の単位で豊富に含まれています。
一方でハチミツの成分は糖類が8割を占めていて、残りの2割は水です。

また、プロポリスとハチミツは作られ方も異なっています。
プロポリスは樹液など植物の分泌物とミツバチの唾液を合わせて、ミツバチがそれらをよく噛むことによってヤニ性の強い、粘着の物質が生まれます。
植物がもつ樹液や樹脂は抗菌作用をもっているので、この効果を利用してミツバチは巣を守るためにプロポリスを作り出して、使用しています。

一方でハチミツの場合は、花の蜜を採集して、それを巣の中まで運び込み加工して、それを貯蔵します。
花の蜜をそのまま使うわけではなく、実際に花の蜜はハチミツよりも糖の濃度が低いです。
ミツバチは採集した花の蜜から水分を吸い取り蒸発させて、糖の濃度を凝縮させています。

このようにハチミツとプロポリスは全くことなるものなのですが、共通点もいくつかあります。
ミツバチが生み出す物は昔から、薬として重宝されてきました。
この理由はハチミツやプロポリスには、感染症や傷を治すのに強い働きをすると考えられているからです。
抗菌やカビへの対策にも効果があるという報告もあります。
プロポリスに関しては、メソポタミア時代には、ミイラの防腐剤として利用されていた歴史があります。
ハチミツの方も、蜂蜜の歴史は人類の歴史という言葉があるほどです。
紀元前のイングランドの南部で使われていたとされるつぼ型をした土器の中にハチミツが入っていた痕跡が発見されたこともあります。
ハチミツは人類が一番最初に用いた甘味料であるとされています。
プロポリスもハチミツも様々な効果を持っていて、人類に役立っています。
プロポリスについてもっと詳しく知りたい方はプロポリスって何?を是非ご覧ください。